カラデル 見つかる広がる毎日へ

人気のキーワード

日光のおすすめホテルを紹介!安くてコスパ最高から高級まで20選

日光のおすすめホテルを紹介!安くてコスパ最高から高級まで20選

世界文化遺産がある関東の人気観光地「日光」。今回はコスパが良すぎて安いと感じる宿から一度は泊まりたい高級宿まで、日光エリアでおすすめの施設を紹介。記事の後半では、鬼怒川温泉のおすすめ宿もご紹介します。

日本有数の観光地「日光」へ

四季折々の景観や温泉など、自然の魅力が溢れる「日光」。世界遺産に登録されている「日光の社寺」には、眠り猫で有名な日光東照宮をはじめ、日光山輪王寺、日光二荒山神社の103棟の建物などがあり、世界的観光スポットとなっています。
絢爛豪華な建物と彫刻を楽しんだあとは、華厳の滝でマイナスイオンを浴び、温泉でリラックス。まずはそんな定番コースから訪れてみてはいかがでしょうか。

コスパ最高な日光のホテル10選

1.日光金谷ホテル

天才物理学者や米国大統領も訪れた「日光金谷ホテル」。150年もの間、伝統と格式を受け継いできたクラシックホテルです。玄関にある回転ドアをくぐればそこはまるで明治の趣。赤いじゅうたんが敷き詰められたロビーは、日本の建築と西洋のインテリアが調和する美しい空間です。ダイニングルームでは、歴代の料理長(親方)から脈々と受け継がれてきた伝統のフランス料理が堪能できます。客室は、本館・新館・別館・第二新館にあり、個性豊かな設え。タイムスリップしたかのような非日常のひとときをお愉しみください。

施設名日光金谷ホテル
住所栃木県日光市上鉢石町1300
アクセス各線:JR日光駅・東武日光駅より路線バスで「神橋(しんきょう)」下車徒歩約3分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~11:00
駐車場あり
サイトhttps://www.kanayahotel.co.jp/nkh/

2.ホテルカジュアルユーロ

自家源泉100%の露天風呂が全客室に完備している「ホテルカジュアルユーロ」。注がれる温泉は、美肌の湯としても有名で、PH値は8.6となめらかな泉質が特徴です。お部屋の露天風呂だからこそ、周囲を気にせずプライベート空間で温泉を堪能することができます。また、貸切露天風呂も備わっており、ご家族一緒の入浴におすすめです。日光駅から1キロ圏内なので、東照宮までは車で約10分と便利性も抜群。夕食は敷地内にオープンしたフードコート『ザ・グリーンテラス日光』にていただきます。ステーキ、中華、海鮮などジャンルに富んだレストランが出店しています。

施設名ホテルカジュアルユーロ
住所栃木県日光市上鉢石町1300
アクセス各線:JR日光駅・東武日光駅よりタクシーで約5分/路線バスで「丸美」下車徒歩約1分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~11:00
駐車場要確認
サイトhttps://www.nikko-casual.jp/

3.亀の井ホテル 奥日光湯元

奥日光の大自然に佇む「亀の井ホテル 奥日光湯元」。周辺は滝、山、湖に囲まれており、四季折々の景色が楽しめます。湯ノ湖へはホテルから徒歩約5分、戦場ヶ原には車をつかえば約7分で到着。気軽に日光の自然に触れることができます。身体を動かしたあとは、日光湯元温泉のにごり湯でさっぱりと。お食事は和洋中とバラエティに富んだビュッフェスタイルです。目の前で焼き上げる「日光霧降高原豚のステーキ」や「日光湯波ごはん」などの郷土料理が人気。また宿泊客限定で『地獄めぐり夜鳴き 担々麺』の無料サービスがあります。

施設名亀の井ホテル 奥日光湯元
住所栃木県日光市湯元2519
アクセス各線:JR日光駅・東武日光駅より東武バスで約80分「湖畔前」バス停下車徒歩約1分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり
サイトhttps://kamenoi-hotels.com/okunikko/

4.奥日光ホテル四季彩

森林浴が楽しめる癒しのリゾート「奥日光ホテル四季彩」。施設内は日光国立公園の自然に囲まれているので、森林からは心地の良い風が吹き、野鳥たちのさえずる声が聞こえます。客室のインテリアはあたたかみのあるモダンな雰囲気。早く起きた朝は、部屋のテラスからバードウォッチングをしてみましょう。双眼鏡が部屋に完備しているので準備は必要ありません。宿自慢の温泉は乳白色の天然硫黄泉。日没後は白樺や水楢など、木々のライトアップで幻想的な雰囲気に癒されます。

施設名奥日光ホテル四季彩
住所栃木県日光市中宮祠2485番地
アクセス各線:JR日光駅・東武日光駅より東武バスで約45分「奥日光ホテル四季彩入口」バス停下車徒歩約15分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり
サイトhttps://www.hotel-shikisai.co.jp/

5.日光アストリアホテル

日光国立公園に立地する「日光アストリアホテル」は、男体山を臨む開放的な建物が魅力。客室は、洋室・和室ともに広めなのでのびのびと過ごせます。ペットルームもあるので、愛犬家の方にもおすすめです。電動アシスト付き自転車や、冬の時期はクロスカントリーのレンタルができ、気軽に奥日光の大自然を満喫できます。ホテルの周辺でアクティビティを楽しみたい方にピッタリです。食事は奥日光の季節を味わう和食会席料理。天然水で丁寧に調理されたこだわりの一皿をゆっくりと味わいましょう。

施設名日光アストリアホテル
住所栃木県日光市光徳温泉321-1661
アクセス各線:JR日光駅・東武日光駅より東武バスで約70分「光徳温泉日光アストリアホテル」バス停下車
チェックイン・チェックアウト15:00〜/~〜10:00
駐車場要確認
サイトhttps://www.nikkoastraea.com/

6.TAOYA日光霧降

日光霧降高原の温泉リゾートホテル「TAOYA日光霧降」。標高1,000メートルに位置する展望露天風呂はホテル自慢のお風呂です。空と森を一望する絶景はまさにインフィニティ。極上の癒しを体験できるでしょう。アメニティが充実しており、人気ブランドのシャワーヘッドやドライヤーも完備。オールインクルーシブなのでお風呂上りは、アルコールを含むドリンク類や夜食、マッサージチェアなども無料で楽しめます。食事は元プリンスホテル調理部長がプロデュースする創作グルメバイキング。シーズンごとに内容が異なるおもてなしです。

施設名TAOYA日光霧降
住所栃木県日光市所野1535-1
アクセス各線:JR日光駅・東武日光駅よりバスで「高原橋」下車
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり(地上約30台 / 地下約80台)
サイトhttps://taoya-nikkokirifuri.ooedoonsen.jp/

7.ホテル ナチュラルガーデン日光

日光の社寺へのアクセスが便利な「ホテル ナチュラルガーデン日光」。大浴場の湯舟には温泉が注がれ、24時間利用できるのが人気の理由のひとつです。露天風呂には小さな庭があり、木々を愛でながら、ほっこりとした湯あみが楽しめるでしょう。専任のシェフによるフルコースディナーは、厳選された地元産の食材を贅沢に使用。趣のあるレストランで、フレンチを堪能できます。素朴なおもてなしと真心が感じられるでしょう。

施設名ホテル ナチュラルガーデン日光
住所栃木県日光市花石町1825-3
アクセス各線:JR日光駅・東武日光駅よりタクシーで約10分/路線バスで「日光植物園」下車
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり(30台まで駐車可能)
サイトhttps://www.n-garden-hotel.com/

8.小槌の宿 鶴亀大吉

日光東照宮のそばにある「小槌の宿 鶴亀大吉」は、その名の通り縁起尽くしのお宿です。部屋ごとに「金運」、「長生き」、「出世」、「幸福」の4つのテーマに沿った造りになっています。例えば、客室「金運の間 大判小判」には、小槌型の露天風呂があり浸かれば大判小判の夢が見られるというジンクスがあるそうです。食事の名物は炭火会席。日光の山の幸や厳選された旬の素材を日光の炭で焼いていただけます。館内には開運おみくじや、鶴が舞い降りてくる路地などワクワクする演出もたくさん。招福と味覚がテーマのおもてなしを楽しんでみてはいかがでしょう。

施設名小槌の宿 鶴亀大吉
住所栃木県日光市安川町2-53
アクセス各線:JR日光駅・東武日光駅よりバスで約6分/徒歩約30分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場不明
サイトhttps://www.nikko-turukame.jp/

9.ゆとりろ日光

全室レイクビューの温泉旅館「ゆとりろ日光」。34平方メートル以上の広々とした客室から中禅寺湖の美しい風景を堪能できます。温泉は奈良時代から続く美肌の湯。大浴場では贅沢に源泉かけ流しで堪能でき、くつろぎのひとときを過ごせます。食事のテーマは「五感で感じる」。ステーキなどが目の前の鉄板焼きで焼かれるなど、ライブキッチンでぜひ体験してみて。館内の充実した設備も魅力のひとつ。ボードゲームゲームのあるラウンジ、寝転べるライブラリーのほか、中禅寺湖を一望できるレイクビューラウンジではハンモックが備わっています。天候に恵まれず宿におこもりしても快適に過ごせるでしょう。

施設名ゆとりろ日光
住所栃木県日光市中宮祠2484
アクセス各線:JR日光駅・東武日光駅より東武バスで約45分。最寄りバス停は、29番「中禅寺郵便局」
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり(20台)
サイトhttps://yutorelo-nikko.com/

10.日光ステーションホテル Ⅱ番館

東武日光駅、JR日光駅の両駅から徒歩圏内に位置する「日光ステーションホテル Ⅱ番館」。日光の世界遺産観光の拠点に最適なホテルです。客室は、「最上階ダブルルーム」「高層階ダブルルーム」「スタンダードダブルルーム」「コーナーツインルーム」の4タイプ。いずれもシンプルモダンでありながら、清潔感があふれるお部屋です。最上階や高層階からは日光の街並みや山々を一望できます。素泊まりで十分という方、観光メインでアクティブに過ごしたい方におすすめです。

施設名日光ステーションホテル Ⅱ番館
住所栃木県日光市松原町17-4 
アクセス・東武日光線:東武日光駅から徒歩約3分
・JR日光線:JR日光駅から徒歩約5分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり
サイトhttps://www.nsh2.jp/

一度は泊まりたい!高級な日光のホテル10選

1.奥の院ほてるとく川

広大な日本庭園と格式の高いおもてなしを堪能できる「奥の院ほてるとく川」。四季によって異なる表情を見せる露天風呂、創作料理などで心安らぐひとときを過ごすことができます。実はとく川の自慢はお水。敷地内には日光連山によって育まれた水脈が流れており、地下約70メートルからくみ上げた天然水が館内のすべての水道で使用されています。ミネラルが豊富で舌触りのいいお水なので、お酒を割るのにも最適。とく川には地酒も豊富にあるので、お酒好きの方はひと味異なる水割りを試してみてはいかがでしょうか。

施設名奥の院ほてるとく川
住所栃木県日光市日光2204
アクセス各線:JR日光駅・東武日光駅より車で約10分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:30
駐車場あり(普通車20台)
サイトhttps://www.hotel-tokugawa.com/

2.別邸向日葵

別邸向日葵
出典:別邸向日葵

多くのメディアやSNSで紹介されている「別邸向日葵」。人気の理由はコンセプトが引き立つ4つの館。外観からインテリアの細部まで世界観を統一。洗練された雰囲気に浸ることができます。英国レトロな「クラシック館」、建築家ル・コルビジェからヒントを得た「メゾネット館」、コンパクトでプライベートな「フラット館」、古民家一棟離れの「紫陽花」。それぞれまったく異なる意匠です。気になる食事は、お箸でいただく和洋創作料理。地元ならではの美味しさを堪能できます。全客室に素敵なお風呂が付くのもうれしいポイント。手足を伸ばしてゆったり入れる貸切風呂もおすすめです。

施設名別邸向日葵
住所栃木県日光市七里813
アクセス各線:東武日光駅・JR日光駅より送迎あり/東武日光駅・JR日光駅からバス「七里(しちり)」下車徒歩約3分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~11:00
駐車場あり
サイトhttps://himawari-nikko.jp/

3.オーベルジュ ブエナビスタ

元公邸料理人が腕をふるう「オーベルジュ ブエナビスタ」は、オーベルジュの宿名通り“宿泊できるレストラン”です。日光連山が臨めるロケーションで、地元栃木の旬の素材を活かした日光フレンチを堪能しましょう。オーナーシェフは、ブラジルのリオデジャネイロ総領事公邸やペルーのリマ大使公邸で公邸料理人として従事していた経歴をもつ人物です。ダイニングルームには、日光杉で作られたテーブル、益子焼のお皿、大谷石の小物など、栃木ならではのインテリアが。ハーブの名前がついている客室もお洒落です。シンプルでモダンなお部屋でリラックスできるでしょう。

施設名オーベルジュ ブエナビスタ
住所栃木県日光市稲荷町2-360-7
アクセス東武日光線:東武日光駅より徒歩約5分
JR日光線:JR日光駅より徒歩約8分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり(5台分)
サイトhttps://buenavista-nikko.jp/

4.本家伴久 平家伝承かずら橋の宿

出典:本家伴久 平家伝承かずら橋の宿公式

平家ゆかりの里で極上のおもてなしを堪能できる「本家伴久 平家伝承かずら橋の宿」。平重盛の六男・平忠房から平家を受け継ぎ、350年の歴史を紡いできた老舗旅館です。樹齢500年の大柱や、本館と夕食処を結ぶ「かずら橋」など敷地内のいたる所で太古から続く日本を感じられます。すべての客室は湯西川清流沿い。優雅なひとときを過ごせます。夕食は料理長こだわりの創作会席料理のほか、囲炉裏で焼く新鮮な山川の幸も。湯西川温泉の源泉かけ流しにつかりながら、平家の歴史に思いを馳せるのはいかがでしょうか。

施設名本家伴久 平家伝承かずら橋の宿
住所栃木県日光市湯西川749
アクセス会津鬼怒川線:湯西川温泉駅よりバスで「本家伴久旅館前」下車
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり
サイトhttps://www.bankyu.co.jp/

5.日光千姫物語

“訪れるみなさまに「夢のような美しい物語」”がコンセプトの宿「日光千姫物語」。自慢の会席料理は「日光あんしん米」など地元の特産品や旬の素材を使用し、食通をも唸らせるクオリティです。国際会議や、棋戦の会場として使用されたこともあるとか。国内外のお客さまに選ばれるサービスを堪能しましょう。宿泊プランは種類が豊富で、旅の計画に合わせられることも魅力。観光付きプランのほか、素泊まりプランもあります。一人でゆっくり観光を楽しみたいという方にもおすすめです。

施設名日光千姫物語
住所栃木県日光市安川町6-48
アクセス各線:JR日光駅・東武日光駅よりバス「安川町」下車徒歩約1分/JR日光駅・東武日光駅から車で約5分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり
サイトhttp://www.senhime.co.jp/

6.奥日光 森のホテル

「奥日光 森のホテル」は、奥日光の美しい自然に癒されるラグジュアリーなホテルです。ホテルの象徴でもある御神木を中心に建物が設計されており、館内は木のぬくもりを感じるインテリアで統一されています。客室は琉球畳を使用した和テイストの空間。テラスには、ヨガや野外ライブなどを行うスペースも。ダイニングには床暖房が付いており素足でも快適。ゲストが快適に過ごすための心遣いを感じます。夕食は一品ずつ運ばれる会席スタイル。素材の良さを引き立てる繊細な料理を堪能しましょう。

施設名奥日光 森のホテル
住所栃木県日光市湯元もみの木通り
アクセス各線:JR日光駅・東武日光駅よりバスで「日光湯元温泉」下車
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり(収容25台)
サイトhttps://morino-h.com/

7.日光 露天風呂付き客室 離れの宿 ワンモアタイムハート

日光霧降高原の別荘地にある「日光 露天風呂付き客室 離れの宿 ワンモアタイムハート」は、まさに大人の隠れ家。客室は2階建ての1軒家で、露天風呂付のプライベートルームです。木目と漆喰の壁が上質な大人の空間を演出しつつも、インテリアは部屋によって異なるので、気分によって選べる楽しさも。食事は専任シェフが手がける創作コースです。自家菜園で育った野菜と地元食材の美味しさを引き出した一品をゆっくりと味わいましょう。閑静な別荘地で大切な人との特別な時間を過ごせるでしょう。

施設名日光 露天風呂付き客室 離れの宿 ワンモアタイムハート
住所栃木県日光市所野1542-265
アクセス・東武日光駅より無料送迎あり(要予約)
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり
サイトhttps://hpdsp.jp/nikko-heart/

8.日光西町倶楽部あらとうと

世界遺産観光の拠点としても人気の宿「日光西町倶楽部あらとうと」。ホテルは日光東照宮、輪王寺、二荒山神社の二社一寺エリアにあるため、身軽に観光を楽しめます。少し足を延ばして神橋や田母沢御用邸等にも訪れてみるのもおすすめです。客室は全室がスイートルームという贅沢さ。上質で落ち着きのある空間に仕上がっています。お風呂は無色透明な日光温泉。貸切風呂でゆったりとくつろぎましょう。食事は栃木産・日光産の厳選食材を使用したフレンチのフルコース。晴れた日はカフェテラスで朝食をいただけます。

施設名日光西町倶楽部あらとうと
住所栃木県日光市安川町10-9
アクセス・JR日光線:JR日光駅からタクシーで約5分
・東武日光線:東武日光駅からバス「西参道茶屋(東武観光センター前)」下車正面
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~12:00
駐車場あり(9台)
サイトhttps://www.nikko-nishimachiclub.jp/

9.ふふ 日光

「ふふ 日光」は、田母沢御用邸記念公園に隣接する優雅で上質なリゾート。まるでモダンなミュージアムのような館内は、訪れる人をじんわりと癒してくれます。気品溢れる客室は、すべての部屋に自家源泉の温泉が付いています。大浴場には露天風呂もありますので、川のせせらぎを聞きながら湯に浸かるのもおすすめです。食事は日本料理と鉄板焼き。旬の素材を引き立てながら、和と洋を掛け合わせることで生まれる新しい味わいに出合えるでしょう。ラウンジにはふふオリジナルの紅茶やカクテルも。ドリンクを片手に優雅なひとときを過ごすのも素敵です。

施設名ふふ 日光
住所栃木県日光市本町1573-8
アクセス各線:JR日光駅・東武日光駅より徒歩約10分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり
サイトhttps://www.fufunikko.jp/

10.オーベルジュ はなぶさ日光

日光霧降高原の入口に立地する「オーベルジュはなぶさ日光」。一日6組限定だからこそ叶う本格オーベルジュを味わえます。はなぶさの懐石料理は、東京ステーションホテルで腕をふるう日本料理のスペシャリストによる監修。朝仕入れた海鮮を生け簀で管理するなど、食材の鮮度にもこだわっています。新鮮素材のお造り、ハイクラスのブランド牛、揚げたての天麩羅などを堪能しましょう。全6棟で離れ家タイプの客室は、漢字一文字でネーミング。それぞれ異なる趣を楽しめます。日光東照宮や神橋まで徒歩圏内なのもポイントです。

施設名オーベルジュ はなぶさ日光
住所栃木県日光市所野1458-1
アクセス各線:JR日光駅・東武日光駅より徒歩約10分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり
サイトhttps://www.hanabusa-nikko.com/

日光付近の人気エリア鬼怒川のおすすめホテル5選

1.鬼怒川温泉 あさや

創業130年の歴史を誇る「鬼怒川温泉 あさや」。吹き抜けのロビー中央に鎮座するパイプオルガンや吹き抜けを上下するエレベーターなど、館内に一歩足を踏み入れた瞬間きらびやかさに心が躍ります。スパコーナーが充実しており、13階にある空中庭園露天風呂をはじめ、大浴場、半露天ジェットバスやナノミストサウナなどの設備もあります。全室に温泉を引いているためプライベートに楽しむことも可能です。バー、カラオケルーム、プールにゲームコーナーなどの多彩なエンターテインメントを楽しめます。老若男女が楽しめる施設ですので、ファミリーで訪れるのもおすすめです。

施設名鬼怒川温泉 あさや
住所栃木県日光市鬼怒川温泉滝813番地 
アクセス東武鬼怒川線:東武鬼怒川温泉駅よりダイヤルバス(各ホテル行き)で約8分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり(400台)
サイトhttps://www.asaya-hotel.co.jp/

2.ペットと泊まる宿 鬼怒川 湯わん

「ペットと泊まる宿 鬼怒川 湯わん。」は、露天風呂付の愛犬家御用達の宿。スイートルームには、わんこ専用露天風呂も付いています。客室にはウォッシャブル畳を使用。わんこの手足に負担をかけません。施設内の大きなドッグランで、わんこと一緒に思い切り遊びましょう。もちろん、足の洗い場やトリミングスペースがあるので汚れても大丈夫。ドッグフックやわんこ専用ダストBOXなど設備も充実しています。事前予約をすれば愛犬用のコース料理やバースデーケーキをお願いすることも可能。わんこと特別な日の思い出をつくってみてはいかがでしょうか。

施設名ペットと泊まる宿 鬼怒川 湯わん。
住所栃木県日光市鬼怒川温泉大原358 
アクセス東武鬼怒川線:東武ワールドスクウェア駅より徒歩約3分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり
サイトhttps://caro-foresta.com/youwan/index.php

3.鬼怒川金谷ホテル

“渓谷の別荘”と称された「鬼怒川金谷ホテル」。創業者ジョン・カナヤは、日光金谷ホテル創業者の孫にあたります。若い頃から欧米諸国に親しんだことで、和敬洋讃のスピリットが培われていたジョン・カナヤ。その想いはホテルのいたるところに散りばめられています。館内に響くJAZZナンバー、グラスアート、そしてシガーサロン。おもてなしの心とダンディズムの世界観にどっぷりと浸りましょう。夕食は、金谷流懐石料理または鉄板焼が主役の懐石コース。気分に合わせて選べます。時間帯によって入れ替わる温泉大浴場は2種類、サウナもあります。

施設名鬼怒川金谷ホテル
住所栃木県日光市鬼怒川温泉大原1394
アクセス東武鬼怒川線:東武鬼怒川温泉駅より徒歩約3分
チェックイン/チェックアウト14:00〜/~11:00
駐車場不明
サイトhttps://kinugawakanaya.com/

4.鬼怒川グランドホテル 夢の季

日本庭園が自慢の宿「鬼怒川グランドホテル 夢の季」。春夏秋冬の情緒あふれる日本庭園は、ライトアップで幻想的な雰囲気に。ラウンジや客室から楽しめます。食事は季節の会席料理。全国から取り寄せた旬の食材と地産地消の食材を掛け合わせ、美味を堪能できます。鬼怒川温泉は単純温泉の弱アルカリ性。さらりとした湯あたりで夢見心地に誘います。夢の季では9つの湯と5つの貸切露天風呂、サウナもあります。館内で湯めぐりができるのも魅力です。ラウンジやお夜食処も完備。お風呂上りに立ち寄るのはいかがでしょうか。

施設名鬼怒川グランドホテル 夢の季
住所栃木県日光市鬼怒川温泉大原1021
アクセス東武鬼怒川線:東武鬼怒川温泉駅より徒歩約8分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり
サイトhttps://kgh.co.jp/

5.鬼怒川温泉 日光きぬ川ホテル三日月

“ゆったり、たっぷり、のんびり”のフレーズでお馴染みのホテル三日月グループ「鬼怒川温泉 日光きぬ川ホテル三日月」。鬼怒川温泉駅から徒歩約3分とまさに絶好のロケーションです。三日月といえば、やはり充実したスパ。ウォータースライダーなどのプール、5種類のサウナやジャグジーも併設しています。料理は60種類を超えるバイキング。出来たてのお料理が食べ放題です。ドリンクが充実したカフェやお食事処も利用できます。2023年4月にリニューアルオープンしたつばき亭7階の客室は、お洒落な和モダンの空間。鬼怒川の大自然をパノラマで楽しみながら、のんびり過ごせます。

施設名鬼怒川温泉 日光きぬ川ホテル三日月
住所栃木県日光市鬼怒川温泉大原1400
アクセス東武鬼怒川線:東武鬼怒川温泉駅より徒歩約3分
チェックイン/チェックアウト15:00〜/~10:00
駐車場あり
サイトhttps://www.mikazuki.co.jp/kinugawa/

日光観光の旅の疲れは宿で癒されて

世界遺産の社寺や、自然の景観、そして温泉……日光には日本古来の観光名所があります。散策を楽しんだあとは、温泉で疲れを癒し、お料理を満喫しましょう。日光の魅力は、日本古来の歴史と大自然の融合が織りなすおもてなしの文化。訪れる度に新しい魅力を発見する楽しみがありそうです。

※本記事は2024年6月21日時点の内容です。

あわせて読みたい

先頭へ戻る