カラデル 見つかる広がる毎日へ

人気のキーワード

【2024年最新】名古屋・大須商店街の食べ歩きグルメ20選! 周辺観光スポットも

【2024年最新】名古屋・大須商店街の食べ歩きグルメ20選! 周辺観光スポットも

名古屋の定番観光スポットのひとつ・大須商店街。食べ歩きが人気で、名古屋名物から最新スイーツまでさまざまなグルメが楽しめます。本記事では、数あるお店のなかから、今おすすめの20店を厳選。さらに大須商店街の中にある観光地もあわせてご紹介します。

大須商店街ってどんなところ?

「日本一元気な商店街」と呼ばれている大須商店街。愛知県名古屋市中区に位置し、休日には4万人も訪れるという名古屋の定番観光スポットです。

飲食店はもちろん、電気屋に古着屋、メイドカフェなど種々雑多なお店・施設が1,200ほどあります。国や時代を問わずさまざまな文化が入り混じっている「ごった煮」の雰囲気が人気なのだそう。

大須商店街へのアクセス方法

鶴舞線・大須観音駅と名城線・上前津駅に挟まれた場所にあるため、最寄り駅はどちらでもOK。ともに名古屋駅から電車で10〜15分ほどの駅です。

車で訪れる場合、静岡方面からは東名高速道路、岐阜方面からは名神高速道路、京都・大阪方面からは東名阪自動車道からは名古屋高速を利用するのが便利。「白川出口」を出てから約3分ほどで到着します。

周辺にはコインパーキングや大型駐車場がいくつかありますが、土日・祝日は混雑する可能性があるため事前に候補を複数調べておくのが良さそうです。

大須商店街の食べ歩きグルメおすすめ20選!

今回は、筆者が実際に大須商店街で食べ歩いて知った、おすすめの20店をご紹介します。名古屋名物から多国籍グルメ、最新の韓国スイーツまで気になるお店が目白押しです。

1.焼き包子(台湾の焼き包子 包包亭)

常に行列のできる人気店「包包亭(パオパオテイ)」では、本場台湾で修行を積んだ店主が作る「焼き包子(パオズ)」がいただけます。

人気メニューの「肉包(ロウパオ)(税込200円)」は、もちもちの皮で肉汁たっぷりのジューシーな豚肉を包み込んだ一品。鉄板で焼き上げてから少し蒸しているそうで、肉まんや小籠包とは違うカリカリ食感が特徴です。

食べるときは肉汁に要注意。筆者は案の定、一口目で汁が服に飛び散ってしまいました……。みなさんは先に肉汁を吸う、包み紙でキャッチする、などの対策をして食べてくださいね。

店舗名台湾の焼き包子 包包亭(パオパオテイ)
住所愛知県名古屋市中区大須3-20-14
営業時間平日  11:30~20:00
土日祝 11:00~20:00 ※売切れ次第終了
定休日毎週水曜日
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約3分
駐車場なし
公式サイトhttp://paozu.asia/

2.台湾唐揚げ(李さんの台湾名物屋台)

大須商店街のなかで3店舗を展開する「李さんの台湾名物屋台」。「台湾唐揚げ(税込500円)」は大須商店街での食べ歩きに欠かせない名物となっています。

熱々で提供されるので、フーフーしながらガブリ。特徴的なサックサク衣の歯ごたえのあとにスパイシーな味わいがガツンときます。日本の唐揚げとは違うお味なんですね。オリジナルスパイスをつかって独自のピリ辛風味を生み出しているのだとか。う〜ん、お酒との相性もよさそう。

辛いものが苦手な人もご安心を。辛さは「なし・少し・ふつう・多め」から選べます。

1カップに大きめの唐揚げが6〜7個入っているので、他にも食べ歩きするなら2〜3人でシェアするのがおすすめです。

店舗名李さんの台湾名物屋台 新天地通店
住所愛知県名古屋市中区大須3-30-93
営業時間月~金 11:00~20:00
土日祝 10:30~20:00
定休日なし
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約5分
駐車場なし
公式サイトhttp://www.lees-taiwan-kitchen.com/

3.焼きむすび(ごちそう焼むすび おにまる)

「ごちそう焼むすび おにまる」は、上前津駅の近く、南大津通沿いにある人気店。看板商品の「ごちそう焼むすび」は、見た目から普通のおむすびとは違います。

人気メニューは「香味だれ海老天むす(税込388円)」(写真右)。薄い玉子焼きをご飯で「挟んだおむすび」に3つの海老天が乗っているという贅沢な仕上がり。具材を包んでいた時代はどこへやら……新しいおむすびの形ですね。

海老天はぷりっと、玉子焼きは甘くてふんわり。すべての具材を特製香味だれの甘みが包み込み、優しい味わいとなっています。玉子焼きと一緒に挟んであった大葉の香りもアクセントに。お米は「越宝玉(こしほうぎょく)」という大粒の品種だそうで、食べ応えも抜群です。

店舗名ごちそう焼むすび おにまる 大須店
住所愛知県名古屋市中区大須3-31-12 岩野屋ビル1階
営業時間10:00〜20:00
定休日不定休
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約3分
駐車場なし
公式サイトhttps://www.onimaru-net.com/

4.天むす(天むす屋 鬼天)

名古屋名物のひとつ・天むすをイートインや食べ歩きで楽しめるお店が、2022年にオープンした「天むす屋 鬼天(おにてん)」。海老だけでなく、さまざまな種類の天むすを提供しています。なかには「梅干し」「しらす大葉」「明太子」など、こんなものまで天ぷらに!? と驚いてしまうメニューも。

時間が経ってもおいしさをキープするための秘訣が、独自にブレンドしたお米と、形を整えてからわずか6回で握ること。

大きさはコンビニのおむすびより小さめ。2〜3個なら一度に食べられるくらいのサイズです。せっかくなので何種類かためしてみても良いですね。

店舗名天むす屋 鬼天(おにてん)
住所愛知県名古屋市中区大須2-18-21
営業時間平日  11:30〜17:30
土日祝 11:00〜18:00
定休日水曜
アクセス鶴舞線:大須観音駅から徒歩約7分
駐車場なし
公式SNShttps://www.instagram.com/tenmusu_oniten/

5.ミニハンバーガー(ロッキンロビン)

本格的なハンバーガーを楽しみたいなら、愛知県内に4店舗を展開するアメリカンダイナー「ロッキンロビン」。そのひとつ「ロッキンロビン ラボラトリー」は、万松寺通と東仁王門通の間にあるテイクアウトメニューの販売店。国産牛100%のパティが自慢の絶品ハンバーガーを、外でも気軽に楽しめるんです。

人気メニューは食べ歩きに特化した、その名も「食べ歩きスライダーズ」。直径約6センチのミニハンバーガーとフライドポテトがひとつのカップに入っています。珍しいミニハンバーガーとアメリカンな見た目がインスタ映えすると人気に。ハンバーガーの数は1〜3個まで選べるので、お腹と相談して選びましょう。

店舗名ロッキンロビン ラボラトリー
住所愛知県名古屋市中区大須3-33-35
営業時間11:30〜20:00 (LO.19:00)
定休日不定休
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約6分
駐車場なし
公式SNShttps://www.instagram.com/rockin_robin_laboratory_/

6.串かつ(昔の矢場とん)

人気のみそかつ専門店「矢場とん」のなかでも、大須観音近くの「昔の矢場とん」は、創業当時(昭和22年)の矢場とんをコンセプトにしたお店。みそおでんや串かつなど当時のメニューの再現にこだわっており、名物のみそかつは提供していないのでご注意を。

こちらでは店頭で販売するテイクアウトも人気です。5種類のセットがあり、串かつまたはみそおでんの豚角煮串、どちらかがメインになっています。筆者は串かつが4本入った「昔セット(税込640円)」を注文。

サクッとジューシーなかつにたっぷりかかったソースの濃さがたまらない! 串かつと絶対に合う生ビールを含んだセットもあるので、昼飲みもアリですよ。

店舗名昔の矢場とん
住所愛知県名古屋市中区大須2-21-32
営業時間11:00〜21:00(LO.20:30)
定休日なし
アクセス鶴舞線:大須観音駅から徒歩約5分
駐車場なし
公式サイトhttps://www.yabaton.com/

7.たこ焼き(たこ咲)

東仁王門通から入る小道「文珠小路(もんじゅこうじ)」に行列ができていたら、その正体は高確率で「たこ咲(たこさき)」に並ぶ列のはず。20年以上に渡って大須商店街に店を構え、地元の人や観光客から愛されるたこ焼き屋なのです。

ふわトロの生地に大ぶりのたこが入ったたこ焼きは、ファンが絶えないのも頷ける美味しさ。たこ焼きといえばソースでいただくイメージですが、名古屋では醤油味を提供するお店が多いのだとか。たこ咲でも醤油とソース両方から選べます。火傷に気をつけながら、ぜひ熱いうちにいただいてください!

店舗名たこ咲(たこさき)
住所愛知県名古屋市中区大須3-42-4
営業時間11:00~18:00
定休日水曜
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約5分
駐車場なし
公式SNShttps://www.instagram.com/takosaki_takoyaki/

8.手羽先(手羽先むすめ)

名物盛りだくさんゆえお腹と相談になりがちな名古屋旅行ですが、手羽先も食べておきたい! という人におすすめなのが新感覚の手羽先専門店「手羽先むすめ」。名古屋で9年間開催されている「手羽先サミット」で、2023年のグランプリに輝いています。

驚くべきはその多種多様なラインアップ。全12種類の手羽先メニューのなかには南高梅やスパイスカレーといった変わり種のほか、名古屋ならではの八丁味噌など、ここでしか食べられないメニューばかり。

いろいろ食べたい人におすすめな理由はそのサイズ。通常の手羽先より小ぶりで持ちやすい形なので、食べ歩きとの相性もよし。入り口の壁にある「娘」のネオン文字で“映える”写真も撮れちゃいますよ。

店舗名手羽先むすめ
住所愛知県名古屋市中区大須3-42-23
営業時間11:00〜22:00
定休日不定休
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約1分
駐車場なし
公式SNShttps://www.instagram.com/tebasakimusume.official/

9.ダージーパイ(炎旨大鶏排)

「大鶏排(ダージーパイ)」をご存知でしょうか? 人の顔ほど大きくて平たい台湾の唐揚げのことで、近年食べ歩きグルメとして人気なんです。そんなダージーパイがいただけるのが、台湾唐揚げ専門店「炎旨大鶏排(エンシダージーパイ)」。

衣にキャッサバ粉を使い、じっくり低温で揚げるので外はカリッと、中はジューシー。5種類のスパイスを独自の配合でブレンドした「五香粉(ウーシャンフェン)」により、本場台湾の味に仕上がっています。一口かぶりつけばまるで台湾の夜市に来たかのような異国情緒を味わえますよ。

店舗名炎旨大鶏排(エンシダージーパイ)大須店
住所愛知県名古屋市中区大須3-10-35
MultinaBox1F
営業時間11:00〜20:00
定休日不定休
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約7分
駐車場なし
公式サイトhttp://enshi-dajipai.com/

10.クァベギ(韓国ねじり揚げドーナツ専門店 セロウンキッチン)

今話題の韓国版ねじり揚げドーナツ「クァベギ」。その専門店「セロウンキッチン」が2022年大須商店街にオープンしました。

ドーナツの上に生クリームやフルーツがたっぷりトッピングされていて、華やかでワクワクする見た目です。“映えスイーツ”としてインスタグラムでもたくさん投稿されています。

味ももちろん絶品。ふわっと軽い口当たりで、揚げたてならではのおいしさを堪能できます。毎日手作りの生地に、契約農家から直送のいちご、北海道産の生乳を使用したソフトクリームと、素材にもこだわっている一品です。ぜひ一度おためしあれ。

店舗名韓国ねじり揚げドーナツ専門店 セロウンキッチン
住所​​愛知県名古屋市中区大須2丁目17-17
営業時間11:00〜18:00
定休日火曜、水曜
アクセス鶴舞線:大須観音駅から徒歩約9分
駐車場なし
公式サイトhttps://www.seroun-kitchen.com/

11.クロッフル(yokubaru)

大須観音からすぐの場所にある「yokubaru(ヨクバル)」。ここで提供している「クロッフル」は、クロワッサンの生地をワッフルメーカーで焼いた韓国発のスイーツ。SNSを中心に話題となっています。

チョコレートやオレオクリームなどのスイーツ系から、ハムエッグ、チキンマヨといった惣菜系まで多種多彩。注文を受けてから焼き上げるので5分ほど待ちますが、温かくて外はサクサク、中はもっちりの生地はここでしか味わえません。

yokubaru(ヨクバル)は内装も一風変わっています。漫画の中に入り込んだような手書き風のデザインで、待ち時間は写真を撮る手が止まりませんでした。

店舗名yokubaru 大須店
住所愛知県名古屋市中区大須2丁目26-8 1F
営業時間11:00〜18:00
定休日不定休
アクセス鶴舞線:大須観音駅から徒歩約5分
駐車場なし
公式SNShttps://www.instagram.com/yokubaru_osu/

12.さつまいもスイーツ(imomi)

万松寺通りに佇むシンプルでおしゃれな外観の「imomi(イモミ)」は、焼き芋とさつまいもスイーツの専門店。鹿児島産の「紅はるか」を熟成させた焼き芋「さつまミライ(100グラム・税込280円)」をはじめ、さまざまなスイーツを展開しています。

おすすめは、店名を冠した「imomi(税込550円)」。シフォンケーキの中にごろっとカットされたさつまいも入りの生クリーム、上にはカリッと香ばしい大学芋が。意外や甘すぎずさっぱりとした味わいです。他に大学芋付きのソフトバニラやスイートポテトなどのメニューもあるので、お芋好きさんなら必ず行ってほしいお店です。

店舗名imomi
住所愛知県名古屋市中区大須3丁目37-14
営業時間11:00〜18:00
定休日不定休
アクセス鶴舞線:大須観音駅から徒歩約5分
駐車場なし
公式SNShttps://www.instagram.com/imomi_official/

13.みたらし団子(新雀本店)

「新雀(しんすずめ)本店」は、大須商店街で長きに渡って人気を誇るお団子屋さん。この日も店先でひとり真剣にお団子を焼く店主さんの前に行列ができていました。

お団子は「みたらし団子」と「きなこ団子」の2種類。とくに人気なのはみたらし団子で、先代から50年以上継ぎ足されているという秘伝のタレがつかわれています。焼きたての柔らかいお団子に甘辛いタレが染み込み……子どもから大人までやみつきになるはず。

しかも1本100円(税込)ととってもリーズナブル。列はあれど回転は速いので、ぜひお立ち寄りを。

店舗名新雀(しんすずめ)本店
住所愛知県名古屋市中区大須2-30-12
営業時間12:00〜19:00
定休日不定休
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約2分
駐車場なし
情報サイトhttps://osu.nagoya/ja/shop.php?s=lOJDBK(名古屋大須商店街公式サイト「アット大須」)

14.台湾スイーツ(MeetFresh 鮮芋仙)

「MeetFresh 鮮芋仙(ミートフレッシュ・シェンユイシェン)」は、台湾の伝統的なスイーツを提供するお店。いただけるのは、お芋から作った団子「芋園(いもえん)」や、豆乳をぷるんと固めた「豆花(トウファ)」、台湾のハーブ・仙薬をゼリーにした「仙草(せんそう)」など、日本では珍しいスイーツばかり。

名古屋大須店に来たら、名古屋の味・あんバターのホットサンドもぜひ。バターをたっぷり塗ったトーストに、あんことクリームチーズ、そして芋園やタロイモなどのオリジナル具材をサンド。台湾と名古屋のコラボレーションはここでしか味わえませんよ。

店舗名MeetFresh 鮮芋仙 名古屋大須店
住所愛知県名古屋市中区大須3-33-3
大須商店街万松寺通り
営業時間10:00〜20:00
定休日不定休
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約3分
駐車場なし
公式SNShttps://www.meetfresh-tokyo.jp/shop/nagoya-shop/

15.クレープ(BUTTERMAN.)

白と赤を基調とした外観が目を引く「BUTTERMAN.(バターマン)」。2023年にオープンしたクレープ専門店です。タイルの壁に描かれた赤いキャラクターがかわいらしくて、つい写真を撮りたくなります。

カルピス特選バターを使用したこだわりの生地を活かすため、生クリームやフルーツではなくシュガーバターやチョコレートなどシンプルなフレーバーが用意されています。

パリパリ×もちもち食感とバターの風味を一番味わえるのは焼きたてのときだそう。熱々の最高の状態でいただけるのは食べ歩きの醍醐味ですね。

店舗名BUTTERMAN.(バターマン)
住所愛知県名古屋市中区大須3-33-37 三丁目マートA1/B1
営業時間平日  10:00〜18:00
土日祝 10:00〜19:00
定休日不定休
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約3分
駐車場なし
公式SNShttps://instagram.com/butterman.moo

16.りんご飴(天使のりんご飴)

大須観音駅のすぐそばに位置し、ピンクのラブリーな外観で出迎えるのは「天使のりんご飴」。愛知県に5店舗展開するりんご飴専門店です。

厳選したりんごを使用し、硬すぎないパリッとした飴でコーティング。昔ながらのガリっと食感をイメージしていると、繊細な口当たりに驚くかもしれません。りんごはジューシーで、ひと口ごとに爽やかな甘さが広がります。

食べ歩き用にカットバージョンも提供中。その場合、品質が良い30分〜1時間のうちに食べることを推奨されているので、他の商品を買い過ぎて完食に時間をかけすぎないよう注意しましょう。

店舗名鶴舞線:大須観音駅から徒歩約5分
住所愛知県名古屋市中区大須2-23-34
大須GATEビル1階
営業時間11:30〜19:00
定休日なし
※年末年始
アクセス鶴舞線:大須観音駅から徒歩約1分
駐車場なし
公式サイトhttps://tenshino-ringoame.mot.works

17.つきたて餅(大須徳川庵)

「大須徳川庵」は、つきたてのお餅がいただける和スイーツ店。裏通りにありながら、お店の前には多くの人が並びます。

つきたてのお餅は温かく、箸で持ち上げると高くまで伸び〜る柔らかさ。口に入れるともちもちと弾力のある生地で、レンジで温めるお餅とは違った食感です。

定番の「つぶあん」「こしあん」「磯部焼き」(各2個で500円)の他、季節限定メニューも。行くたびに違うおいしさと出会えます。時間が経つと固くなってしまうので、早めに食べてくださいね。

店舗名大須徳川庵(おおすとくがわあん)
住所愛知県名古屋市中区大須3-23-26
営業時間平日  12:00〜20:00
土日祝 11:00〜20:00
定休日水曜
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約4分
駐車場なし
公式SNShttps://www.instagram.com/osu_tokugawaan/

18.モンブランソフト・栗だんご(和栗モンブラン専門店 栗りん)

「和栗モンブラン専門店 栗りん(くりん)」は、職人の技を詰め込んだこだわりのモンブランを提供するお店。最高級和栗のなかでも味が良い熊本県産球磨(くま)の栗と、香り豊かな高知県産四万十栗を使用し、栗本来の甘みと香りを引き出しています。

店内では、その場で絞るできたてのモンブランがいただけますが、同じ栗ペーストを使用したテイクアウトでしか食べられないメニューもおすすめです。

「黄金モンブランソフト(税込800円)」は北海道産クリーム使用のソフトクリームを、「黄金栗だんご(税込550円)」は白あんの入ったお団子をベースにそれぞれ自慢の栗ペーストがふんだんに使われています。新食感のモンブランをぜひ楽しんでください。

店舗名和栗モンブラン専門店 栗りん(くりん)本店・大須店
住所愛知県名古屋市中区大須3-37−40
カノン大須 1階
営業時間11:00~19:00
公式Instagram要確認
定休日不定休
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約7分 鶴舞線:大須観音駅から徒歩約7分
駐車場なし
公式サイトhttps://kurin.gensg.jp/

19.レモネード(レモネード専門店 LEMOTTO)

若者を中心に人気を博すレモネードの専門店「LEMOTTO(レモット)」。その理由はかわいらしい見た目と確かなおいしさ。

エグミを抑えるために一つ一つ手作業で皮を厚めにむき、栄養素を壊さないためコールドプレス製法で果汁を抽出。レモン本来の爽やかな酸味と甘さが引き立つレモネードをパックの形で提供しています。このビジュアルは持って歩きたくなりますよね。

さらにフレーバーもかなり豊富。シンプルな「レモネード(税込400円〜)」だけでなく、ストロベリーやマンゴー、ジンジャーエール、カルピスなどなど、どれもおいしそうで迷ってしまうラインアップです。

店舗名レモネード専門店 LEMOTTO(レモット)大須店
住所愛知県名古屋市中区大須3-30-40
万松寺ビル1F
営業時間11:00~19:00
定休日なし
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約4分
駐車場なし
公式サイトhttps://stmoritz.jp/lemotto/

20.わらびもちドリンク(甘味処鎌倉)

「甘味処鎌倉」は「鎌倉わらびもち」を看板メニューとする和スイーツ店。希少な国産本蕨粉を独自に配合し、とろけるような口溶けとつるんとしたのど越しを楽しめるわらびもちは絶品です。

画像引用元:甘味処鎌倉

食べ歩きで人気なのが「わらびもちドリンク」。看板のわらびもちをクラッシュし、さまざまな種類のドリンクと一緒にした贅沢な商品です。なかでも人気の味は「浅川園のお抹茶(税込620円〜)」。黒蜜と合わせたわらびもちの上に、新潟銘茶・浅川園の抹茶とホイップクリームを重ねています。

ストローで飲むわらびもち、新鮮でやみつきになりそう。底が丸いカップはころんとかわいくて、見た目もぬかりなしです。

店舗名甘味処鎌倉 名古屋大須店
住所愛知県名古屋市中区大須3丁目39-36
大須外科ビル 1F
営業時間11:00〜18:00
定休日不定休
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約7分
鶴舞線:大須観音駅から徒歩約7分
駐車場なし
公式サイトhttps://www.warabimochi-kamakura.com/

大須商店街の中にあるおすすめ観光スポット

大須商店街に来たら訪れたい、おすすめの観光スポットをご紹介します。食べ歩き中の腹ごなしにぜひお立ち寄りください。

大須観音

正式名を「北野山真福寺寶生院(きたのさんしんぷくじほうしょういん)」と言い、地元の人たちから「大須観音」と呼ばれて親しまれてきました。

本堂はこれまで2度焼失しており、今の本堂は昭和45年に再建されたもの。「北野山」の名前は、学問の神様として有名な菅原道真公を祀る「北野天満宮」の流れを引いているということで、学業成就のお参りをする人も多くいます。

境内には見どころがさまざまあるので、詳しくはまた別の記事でお伝えします!

スポット名大須観音(北野山真福寺寶生院)
住所愛知県名古屋市中区大須2-21-47
受付時間本堂  6:00~19:00
寺務所 9:00~17:00
定休日なし
アクセス鶴舞線:大須観音駅から徒歩すぐ
駐車場なし
公式サイトhttp://www.osu-kannon.jp/

万松寺

「亀岳林 万松寺(きがくりん ばんしょうじ)」は、織田信長公の父・信秀公が織田家の菩提寺として1540年に建立したお寺。1610年に現在の地に移転してきました。

名物となっているのが、本堂3階から出てくるからくり人形「信長」。信秀公の葬儀で抹香を位牌に投げつけたという逸話や天下統一の出陣前に行ったとされる幸若舞を再現しています。音やスチームなどの演出が迫力満点で、筆者も物語に引き込まれてしまいました。

また、新天地通り沿いにある「白龍」も見どころのひとつ。仏法で守護神とされる龍のモニュメントで、こちらも毎日定時に水と光による演出が見られます。ぜひどちらも時間を合わせて見に行ってみてください。

スポット名亀岳林 万松寺(きがくりん ばんしょうじ)
住所愛知県名古屋市中区大須3丁目29−12
受付時間札処/総合受処
平日・土日祝 10:00~18:00
(最終記帳受付17:45、最終限定御朱印受付17:30))

からくり人形「信長」上演時間
毎日10時/12時/14時/16時/18時
(行事等の都合により上演が中止になる場合あり)

白龍上演時間
毎日11時/13時/15時/17時/19時/20時
(行事等の都合により上演が中止になる場合あり)
定休日なし
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約3分
駐車場あり
公式サイトhttps://www.banshoji.or.jp/

大須演芸場

江戸中期に名古屋で芸術・芸能が繁栄し、大須には芝居小屋が立ち並んでいたといいます。この伝統を受け継ぎ、約50年前に誕生したのが「大須演芸場」。

中京圏唯一の寄席として毎月1〜7日は定席寄席を開催し、その他の日は落語、講談、漫才、さらに演劇や音楽などさまざまな公演を行っています。食べ歩きの合間に思いっきり笑って元気をもらいましょう。

スポット名大須演芸場
住所愛知県名古屋市中区大須2丁目19-39
時間定席寄席
一部 11:00~ 二部 14:30~
定休日不定休
アクセス鶴舞線:大須観音駅から徒歩約3分
駐車場名鉄協商パーキング・NPCパーキング駐車場割引あり
公式サイトhttps://osuengei.nagoya/

#C-pla 名古屋大須店

2023年11月にオープンしたばかりのカプセルトイ専門店「#C-pla(シープラ)名古屋大須店」。名古屋がテーマの商品から、人気キャラクターやアニメのグッズ、みんながよく知るお菓子モチーフなど、なんと約1400種類ものカプセルトイが並んでいます。

筆者は友人同士で訪れ、それぞれ相手にあげる商品を選んで集合! という使い方をしました。種類が豊富なので、友人にぴったりの商品も見つかって楽しめましたよ。

カプセルを開ける瞬間のワクワク感は大人も子どもも変わりません。名古屋観光の思い出にいかがでしょう。

スポット名#C-pla(シープラ)名古屋大須店
住所愛知県名古屋市中区大須3丁目26−26
クレスト大須3A
営業時間10:00〜21:00
定休日なし
アクセス名城線:上前津駅から徒歩約5分
駐車場なし
公式サイトhttps://toshin.jpn.com/cpla/

いざ、大須商店街で食べ歩き!

大須商店街を実際に訪れて、多国籍グルメや最新スイーツ、歴史的建造物などなど「何でもあり」の魅力にどっぷり浸かってきました。

食べ歩きでお腹を満たし、さまざまな文化に触れ心を満たす。大須商店街で、素敵な旅の思い出を作ってください。

※本記事は2023年12月18日時点の内容です

この記事を書いた人

【2024年最新】名古屋・大須商店街の食べ歩きグルメ20選! 周辺観光スポットも

下舘鈴音

カラデル編集部

caradel(カラデル)編集部エディター兼ライター。趣味はお笑い鑑賞、自慢は健脚。自分の五感で感じたこと、おもしろいと思ったことを、わかりやすい文章で届けます。

先頭へ戻る